若返るサプリの選び方

若返るサプリやアイテムの選び方!お若が徹底解説!

若返るビタミンや生薬成分には何がある?

読了までの目安時間:約 5分

 


年齢とともに気になる部分って誰しもありますよね。

例えば、お肌だったら、シワ、しみ、たるみ、くすみだったり、頭髪なら抜け毛や薄毛に悩まれる方も多いのではないでしょうか

年齢のせいだから仕方がない部分があるとはいえ、同じ年齢でも見た目年齢に違いがあることってよくありますよね。

それはどうしてなのでしょうか。

若返りには、普段の生活習慣が大事

もちろん遺伝的なものもあるかもしれませんが、やはり普段の生活習慣やお手入れの差も大きいんです。

では普段からどんなことに気をつければいいのかというと抗老化作用のあるものを積極的に利用するのがコツなんです。

例えば、人参や小松菜やかぼちゃなどβカロチンが豊富な野菜を積極的にとるといいですよ。
ビタミンCを含む果物もとりたいですね。

老化の最たるものといえば、やはり紫外線やタバコですよね。

しみ、しわ、たるみ、くすみの原因になりますので、心当たりがある方は、早めに対策を立てるのがおすすめです。

紫外線や喫煙習慣を注意するだけでもかなり老化の進行を防ぐことができますよ。

では、すでにできてしまったしみ、しわ、抜け毛などはもう諦めるしかないのでしょうか。

これについても、ビタミンや生薬をうまく活用することで進行を予防しつつ、改善も可能です。

たとえば、ビタミンC、ビタミンEは、抗酸化作用がありますので老化の原因となる活性酸素を除去する作用に期待できます。

あとはビタミンB群です。

特に、粘膜を守る働きのあるビタミンB2や、炎症を抑え、粘膜を強化する働きのあるビタミンB6、造血作用に関与するビタミンB12などが配合されているものがお肌のアンチエイジングにおすすめの栄養素ですよ。

また、生薬なら、桂枝(ケイシ)、当帰(トウキ)、芍薬(シャクヤク)、茯苓(ブクリョウ)、などが血の巡りを良くして冷え性や月経痛などを改善してくれるので、クマやくすみ、冷え性などが気になる方におすすめです。

また、川芎(センキュウ)は結構促進に加え、保湿効果にも期待できますし、蒼朮(ソウジュツ)はお肌のハリ、弾力のもととなるコラーゲンの生成に関与すると言われています。

特に芍薬は最近、美白効果や育毛促進などの効果にも期待できることがわかってきている話題の生薬成分ですよ。

このように、ビタミンと女性向きの生薬をうまく組み合わるだけでアンチエイジングも効率的に実現可能です。

でも、ビタミンサプリと生薬を揃えて飲むとなると、服用量も多くなりますし、経済的にも結構負担ですよね。

ビタミンや生薬入りのおすすめ若返りアイテムは?

そこでおすすめなのが医薬品のロスミンローヤルです。

国内で初めてシミ、シワの改善の効能が認められた医薬品で、それ以外にもそばかす、ニキビ、肌荒れ、肩こりや冷え性、口内炎などにも効果が期待できるんです。

もちろん、先に紹介した若返りにおすすめのビタミンC、E、B群や生薬のシャクヤク、トウキも配合されていますよ。

最近はお肌用のサプリでも、いろいろと併用している方も多いと思いますが、ロスミンローヤルなら、これ1瓶で女性に多い悩みのほとんどをカバーすることが可能ですよ。

お肌の若返りがしたいけれど、スキンケアやサプリではイマイチだったという方は、ぜひロスミンローヤルを試してみてくださいね。

詳しくは公式サイト→シワ・しみに飲んで効く医薬品【ロスミンローヤル】

お若の一言!
私も毎日飲んでいるのが、このロスミンローヤルです。
ただ、他にもプラセンタサプリを飲んだりするので、1日1回3錠だけです。
糖衣錠なので飲みやすいです。

飲むと体が元気になります。
生薬成分のおかげか、更年期症状のだるさも軽減しています。

メイン目的のシミやシワも薄くなった気がしますよ。
顔が明るくなっています。

 

タグ :  

ビタミンや生薬で若返る ロスミンローヤル

この記事に関連する記事一覧