若返るサプリの選び方

若返るサプリやアイテムの選び方!お若が徹底解説!

白井田七の口コミ効果やコスパを評価!他のサプリと何が違う?

読了までの目安時間:約 16分

 


何が違う?
白井田七(しらいでんしち)の口コミ効果やコスパを評価です。

他のサプリと何が違うのでしょうか?

白井田七は、健康診断や人間ドッグの結果から血糖値が気になり始めた方、親戚や家族に血糖値が気になる方がいらっしゃってご自身の健康の為にも何か対策しておきたいなとお考えの方達に人気のサプリです。

ただ、田七人参のサプリは白井田七に限らず、他にも色々なメーカーから発売しています。

そこで、どうして特に白井田七が人気なのか、その理由について他の田七人参系のサプリと比較しながら、口コミや成分などをしっかり評価してまとめてみようと思います。

先に白井田七公式サイトをチェック!

白井田七(しらいでんしち)とは?一番の特徴は何?

白井田七

数ある田七人参サプリの中でも、ダントツに人気である白井田七ですが、他のメーカーとの一番の違い、特徴は一体何なのでしょうか。

そもそも田七人参は高麗人参と何が違うの?と思われる方もおられるでしょうから、まず、高麗人参との違いもご説明しておきましょう。

高麗人参も田七人参も、同じウコギ科トチバニンジン属の植物ですが、期待できる働きが多少違います。高麗人参の場合は、代謝促進による巡りの改善、疲労回復、強壮、美容方面へのアプローチに期待できます。

一方、田七人参の方は、高麗人参と同じように巡りの改善のサポートはもちろん、免疫系を高めたり、血糖値など生活習慣病関連の数値が気になる方、年齢とともに出てくる更年期特有の症状を穏やかにサポートしてくれたりします。

そして特に田七人参の中でも白井田七は、無農薬栽培にこだわって製造されているので、貴重で高価、かつ安全、安心の原材料を使用しているという点が一番の特徴なのです。

色々なサプリが売られていますが、漢方系サプリは、中国由来のものが多く、農薬の心配など品質面で悩まれる方も多いですよね。

かといって、国産は難しいですし…。

でも、白井田七なら、日本人の白井氏が中国で無農薬にこだわって製造開発したサプリなので、安心してお使いいただけるのです。

口コミは?効かない場合の対策はある?

効かない?

白井田七は、他の田七人参サプリよりも原材料にこだわっていて、安心、安全ということで人気です。

しかも、口コミでも、「外食が多く、健康診断では血糖値や尿酸値の結果が良くなかったけれど、飲み続けていたら数値が改善した」という方が多いですね。

また、「疲れやすかったのに、飲み始めてから疲れにくくなった」という方もおられました。

さらに、「更年期症状が辛かったけれど、飲み始めて2ヶ月目くらいからびっくりするぐらいほてりや発汗が感じられなくなった」というような声も見られます。

このように、口コミでは絶賛されている白井田七ですが、一方で、全然変化がなかったという方もおられます。

それはどうしてでしょうか。

低評価の口コミ内容をよく読んでみると、

「出張で忙しくて、飲み忘れることが多かった」とか、

コレステロール値が改善したけれど血糖値は変わらなかった」とか、

1箱開けたけど、何も変わらなかったので飲むのをやめた」という声が見られました。

あまり何も変化がなかったという方は、規則正しく用法用量を守って飲めていなかった方、

体質改善には数ヶ月かかる可能性があるのに、途中で諦めてしまった、という方だと感じられますね。

やはり、きちんと用法用量を守り、3ヶ月程度は継続して見ないと実感できない場合もあるので、継続することが大事です。

また、普段の食生活の見直しや軽い運動を取り入れるなど、これまでのご自身の生活を見直して意識を変化すれば、より早く変化を感じられるのではないでしょうか。

全成分や材料から見た!メリットやデメリットは?

メリットデメリット

ここでは、白井田七の全成分や材料について見ていきましょう。

そしてそこからわかるメリットやデメリットについてもまとめます。

白井田七の全成分は、サプリの容器を見ると明記されています。

名称は「有機田七人参加工食品」となっており、原材料名は、「有機田七人参、有機玄米」とだけシンプルに書かれています。

本当に余分なものが一切入っておらず、有機栽培で作られた田七人参がメインなのですね。

サプリというと、製造、保存のために必要な添加物がたくさん配合されていますが、白石田七には、入っていません。

粉末を固める働きとして、有機玄米が2%使用されているだけです

このことからも、添加物が気になる方にとってはかなりメリットが大きく、安心して飲み続けられるサプリだとわかりますよね。

製造過程や原材料は安心ですが、ではデメリットはあるのでしょうか。

サプリというものは基本的にはいつ飲んでも良いのですが、白井田七は、空腹時に飲むことが推奨されています。

このことが飲み忘れにつながってしまうと感じられる方もおられるかもしれません。

デメリットをあえていうなら、この飲み方でしょうか。

しかし、これは空腹時が最も吸収率が高まります

血糖値関連でお使いいただく予定の方ですと、食事による血糖上昇を田七人参の成分でサポートするなら、空腹時に飲んでおく方が良いからですね。

ただ、慣れてしまえば、そんなに大変なデメリットではありませんので、習慣化できるようになるといいですね。

副作用は?安全安心で効果的な飲み方や実感できる継続期間は?

副作用と期間

白井田七は、口コミ通り、良いサプリだとおわかりいただけたのではないでしょうか。

では、そんな期待できるサプリだからこそ、飲み続けていていいのか、何か副作用のようなものの心配はしなくていいのだろうかと思われる方もおられるでしょう。

そこで、白井田七に副作用はあるのかどうか、また安心して飲み続けるためのコツや、お悩み解消を実感できるようになるには、どのくらい継続して飲んだからいいのか、ということについてまとめたいと思います。

まず、副作用の件ですが、サプリなので推奨されている用法を守っていれば、副作用の心配はまずありません。

たくさん飲めばより実感が早く湧くだろうと期待しすぎて過剰に摂取しようとすると、胃腸の負担が増えるので、適切な用量を守って飲みましょう。

ただし、それ以外にも少しだけ注意が必要なのが、頭痛や発熱のある方です。

白井田七に含まれるサポニンという成分が血のめぐりに関与するので、頭痛を引き起こす可能性があるのです。

頭痛持ちの方は症状が出ているときは控えましょう。

また、頭痛時、発熱時も白井田七を控えるようにすると、副作用の心配なく飲めます。

あとは、ワルファリンという薬を飲まれている方は、白井田七を併用すると、怪我した時などに出血しやすくなるので注意が必要です。

このように、特に持病があって、薬を飲んでいる方は、かかりつけ医に白井田七を飲んでも良いか相談すると安全です。

また、体調が優れないときは、注意して、少しの間休む、控えるなどされると安心して飲めるでしょう。

また、効果を実感するには、最低でも3ヶ月くらいは継続しましょう。

公式サイトで定期購入すると頼み忘れもなくお得になります。
詳しくは→白井田七公式サイト

妊娠中・授乳中でも飲んで大丈夫?

妊娠中

ここまでご紹介した通り、白井田七は、巡りを良くしてくれますし、生活習慣病の対策にもなります。

しかも疲れにくくなるなら、美容にも良さそうですよね。

それなら、ずっと飲み続けたい!と思われるでしょう。

でも、妊娠中や授乳中といった、自分の体の心配だけをしていれば良いのではなく、お腹の赤ちゃんや母乳を飲む我が子の体調も含めて考えた場合、飲み続けていて良いのか、疑問ですよね。

では、妊娠中や授乳中も白井田七を飲み続けて良いのでしょうか。

調べてみると、サプリですし、メインのサポニンという成分以外に、アミノ酸や葉酸など妊婦さんに必須の栄養素も入っていますので、基本的には妊娠中や授乳中でも飲んでも構わないでしょう。

ただし、妊娠中や授乳中は、普段の自分とはホルモンバランスが変わっています。

ですから今までは飲んでも大丈夫だったのに、体調が優れなくなった……とい変化も感じられる可能性はあります。

だから、妊娠中、授乳中は、かかりつけの産婦人科に相談し、飲んでも良いか確認してからの方が安心です。

男女とも使える?何歳から飲んで良い?

男女

白井田七は、男女問わず使えるのでしょうか。

そして、何歳から使えるサプリなのでしょうか。

白井田七を飲まれた経験のある方の口コミを見ていると、40代以降の方が多く使用されている印象を受けました。

白井田七の公式サイトでも、健康診断の数値や年齢による火照り、発汗が気になる方に向けて商品を案内していますから、ある程度大人の方向けのサプリであることがわかりますね。

医薬品の場合であれば薬は、小児用と一般用に別れていて、個々の商品に記載がなければ15歳以上から一般用を使えるという感じになります。

サプリの場合も、子供向けの成長系サプリやビタミン剤などの場合を除いて15歳くらいを目安にされると安心でしょう。

そして性別に関してですが、口コミを調べるとすぐわかります。

白井田七は、男性にも女性にも人気の高いサプリでした。

つまり、男女は関係なく使用して大丈夫ということですね。

アトピーやアレルギーでもOK?

アレルギー

白井田七は、年齢を重ねた方向けのサプリだと思われがちですが、実は、アトピーやアレルギーにお悩みの方にもオススメのサプリなのです。

アトピーの方は、もともと遺伝的にお肌のバリア機能が弱く、肌の保湿がうまくできないためにかゆみやかぶれが起こりやすくなっていますよね。

また、花粉症や食べ物などのアレルギーをお持ちの方も、免疫系の調整がうまくできなくて、過剰に反応してしまっている状態です。

こういったお悩みを解消するには、アレルギーやかゆみの原因物質であるヒスタミンを抑制することです。

そのヒスタミンを抑制する物質が「デンシチン」田七人参に含まれているため、かゆみを緩和し、炎症を抑えてくれるサポートをしてくれるのです。

だから、アトピーやアレルギーでも飲んでいいの?というより、ぜひ飲んで見てください!とおすすめしたいくらいです!

白井田七を飲み続けていると体質改善に繋がり、アトピーやアレルギーのお悩み対策にも期待できますよ。

販売店情報!ドラッグストア(薬局)でも市販?

薬局

評判も良く、成分的にも良くて、たくさんのメリットがある白井田七ですが、どこで購入することができるのでしょうか。

サプリというと、ドラッグストアや薬局で購入できそうですが、実は、白井田七は、実店舗では購入できないのだそうです。

通販でしか購入できないサプリとなっています。

実際に手にとってから購入したい方にはもどかしいかもしれませんが、ネット通販なら、そのウェブサイトのポイントがついたり、カード決済だとクレジットカード会社からのポイントもついたりするので、お得ですよね。

しかも、ネットでポチッと押して購入するだけで自宅まで送ってくれるのですから、継続して飲むようになればなるほど、買いに出る手間が省けると考えると良いのではないでしょうか。

楽天・アマゾンでも買える?通販での最安値はどこ?

楽天アマゾン

実際の店舗では販売していない白井田七ですが、それではネット通販だとどこが最安値で購入できるのでしょうか。

ネット通販といえば誰もが知っている楽天やAmazon(アマゾン)といった大手サイトで、白井田七を調べて見ました。

まず、楽天では現在1瓶240粒入りのものが税込10080円で販売していました。

アマゾンでも調べて見ると、同じ容量の白井田七が全く同じ価格で販売されていました。

楽天でもアマゾンのサイトでも正規の取り扱いメーカー「さくらの森」さんが販売していたので、偽物をつかまされるというような心配は全くありません。

でも、この金額で購入するのが一番お得なのでしょうか。

そこで、さくらの森さんが直接運営している白井田七の公式サイトをのぞいてみました。

すると、容量も120粒入りのパウチタイプ、

240粒入りの瓶タイプと選択肢の幅があります。

もしも瓶タイプをまとめて購入した場合、割引してくれて、しかも送料無料というようなお得な情報が掲載されていました。

こういった割引は、大手通販サイトではないものですので、今後継続することも踏まえて、最安値で購入したいなら、やはり公式サイトで購入するのが一番お得ですね。

白井田七と他のサプリとの違いと個人的見解!

白井田七

最後に、白井田七についての個人的見解をまとめます。

数ある田七人参サプリと白井田七を比較して見ると、やはり、有機栽培で作られていること、日本人が開発に関わったことが大きいです。

漢方はもともと中国由来ながらも、今や、品質面での安全性に関しては、懸念材料も多いです。

白井田七は、その心配がないのがかなり大きいですね。

また、余分な添加物などが入っていないのも好感度が高いです、

あれも、これも、と色々な成分を入れると、どうしてもメイン成分の割合が少なくなってしまい、どの成分が合わなかったのか、どの成分がよかったのかが飲んでいてわかりづらくなってしまいます。

でも白井田七なら、シンプルな配合なので飲んでいて自分の体の変化がとてもわかりやすいという点でも良いのではないでしょうか。

また、他の田七サプリ(田七うらら、田七人参粉末、朝から健康田七など)と1日あたりの価格も比較して見ると、高くもなく安すぎもせず、ちょうど中間の価格帯となりました。

ちなみに白井田七は1日あたり132円で、高いメーカーのものは320円程度、安いものは92円でした。

高品質で、安全性が高く、価格も中間となると、コスパ的にはかなり良いのではないでしょうか。

自動販売機でジュースを買うよりも安いと考えると比較しやすいですね。

いかがでしたか。

今回は、血糖値やコレステロール値、更年期のお悩みなど、年齢とともに増えてくる特有のお悩み解消につながる人気サプリ、白井田七をご紹介しました。

公式サイトならお得な情報も製品の情報もしっかり掲載されていますので、ぜひ興味のある方は一度ご覧くださいね。

詳しくは⇩

白井田七公式サイト

 

 

タグ :  

白井田七(しらいでんしち)

この記事に関連する記事一覧